MENU

感受性豊かで繊細なあなたに贈る、魔法の一言。

あぁ。もうだめ。

あれがこうなって、こうなったらそうなって、そうなったらあぁなって・・・・
( ´・д・)
(; ・`д・´)
( ゚д゚)
:(;゙゚’ω゚’):
(´;ω;`)

笑。

そんな時に自分にかけてあげて欲しい言葉。

「世界は優しいよ。」

私はとっても感受性が豊か?で繊細なこともあって、そして妄想力があるおかげで?笑
一度ループにはまると

人は怖いものだ
人は攻撃してきている
人生って厳しいものだ
世界って怖いんだ

という前提で、思ってもいない出来事を頭の中に繰り広げ不安という世界に染まります。

「怖い前提」のせいで

なんてことない出来事が手に負えないように感じてしまっていたり。
手に負えないは気のせい。

なんでもないあの人が自分を攻撃すると思い込んでしまっていたり。
笑ってくれないから嫌われてるんだとかね。

昨日パステルを買ってきました♡落書きしてると時間が過ぎる・・・

が、

この数ヶ月を通して気が付いたのは。

は。やっぱり自分がそう思っているからそんな風に見えてしまっているのか。
ましてや誰も攻撃してこないし、なんなら「いつでも味方だよ、頼ってね。」と言ってくれる人に囲まれているのに。

「世界は優しいよ。」

今に、未来に怖くなった時
悲しくなった時

自分に染み込ませてあげてください。

そう思えない出来事に見舞われていても、それは誰にとっても平等にそうなのです。

世界は優しいよ。

何回でも自分にかけてあげてください。

世界は優しいよ。

そのうちに、ふっと腑に落ちる感覚を掴めるはずです。

世界は優しいよ。

私はそんなこと全く思えなかった、むしろそんな捉え方があるなんてことも知らなかった、そんな過去があります。

それでも、今は

世界は優しいよ。

これに尽きます。

思い出してくださいね。

勝手に手に負えないことにしちゃわない。
勝手に人を怖い人にしない。
勝手に人生を悪者にしない。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

増田 友希(ますだ ゆき)です。お仕事はフリーランスで、WEB集客する人のサポートを「デザイン制作 × SEO × ライティング」でしています。
お仕事の公式サイトはこちら→ https://poppyou.com

趣味で、ドラム。バンドやってます。

目次
閉じる